探偵って何するの?

電話帳の広告や街で見かける探偵事務所の看板を見て、探偵って具体的には何をしているのかと、疑問に思う人も多いと思います。

 

原一探偵さん

そこでここでは探偵と呼ばれる人が、普段どんな業務をしているのかについて、お話していきたいと思います。

 

まず探偵の仕事は大きく分けて、「人探し」と「行動調査」に分かれます。

 

このことは平成10年に施行された探偵業法という法律でも、「他人の依頼を受け、特定の人の所在又は行動についての情報を収集する」仕事として規定されています。

 

このカテゴリーに属する仕事を幅広く請け負っているわけですが、実際には、浮気調査や家出人及び疾走人の捜索の仕事が多いとのことです。

 

その他にもストーカー対策・企業調査・雇用調査・盗聴器の発見といったことから、近所づきあいや仕事上のトラブルの調査等も行っています。

 

浮気調査専門という所もあれば、企業関係の調査を得意とする所もあるということです。

 

原一探偵さん

ちなみに日本には民事不介入というルールがあり、犯罪と関わりのない争い事に関しては、警察は介入しない決まりになっているのです。

 

何かの凶悪事件等に発展しない限りは、成人の家出やストーカー対策等については、事件性のない案件に関し届出は受理しますが、それが妥当であるかどうかはさておいて、積極的に捜査をしないことが多いのです。

 

しかし家出や失踪をした人が、知らない内に事件に巻き込まれている可能性もあるわけですから、原則として捜査の行えない警察の代わりに、民間の探偵が調査や依頼を請け負っているという事情もあります。

 

探偵が具体的に行っている業務は、ほぼ聞き込み・尾行・張り込みの3つに分けられます。

 

まず聞き込みでは調査対象者の知人や勤務先の同僚等、周囲の人から対象者について話を聞き、情報収集を行います。

 

次に尾行では調査対象者にわからないように追跡して行動を逐一観察し、浮気調査であれば、その現場にも近付いて証拠写真も撮影します。

 

浮気中の男女

そして張り込みでは、やはり気付かれないように調査対象者を監視し、いつどんな行動を起こしても対応出来るようにスタンバイしています。

 

車中での連日の泊まり込みによる監視や、5時間以上にも及ぶ継続した撮影等、心身ともにかなりキツい仕事であり、映画やドラマに出てくる探偵のようにカッコよくはいきません。

 

不審者に間違えられたり、警察の職務質問を受けたり、近くにいる人にストーカーと勘違いされ、通報されてしまうこともあるそうです。

 

このように日の当たらない所で、地道に辛い業務を請け負っているのが探偵なのです。

 

探偵が逆にやってはいけないこととしては、調査対象者の車にGPSをつけて追跡調査をしたり、やはり対象者の家に盗聴器を仕掛けて盗聴したり、マンションに無断侵入して調査したりといったことがあげられます。

 

また「別れさせ屋」をしたり対象者の犯罪歴を調査したり、電話番号から住所を割り出す等の裏工作的なものは、全て違法となっていますので、法律に従って業務を行っている探偵は、これらの行為は一切行っていないはずですし、もし依頼されても断るはずです。

 

イチオシ探偵事務所

5633

  • 24時間365日相談受付
  • 無料相談・無料見積り
  • 全国対応
  • 即日調査も対応
  • アフターフォロー万全

原一公式サイト