探偵の無料相談したいけど、浮気の確証がない…というあなたへ

 

浮気の確証がなくても探偵に相談してもいいの?

配偶者や恋人の浮気の兆候にも見える怪しい行動は、身近にいる家族や相手が1番に気付きやすいものです。

 

ですが、浮気の確証がない限りは本人に追及したり、離婚や裁判に持ち込んだりすることは出来ません。

 

浮気の男女
しばく様子を見ながら、浮気をしているかどうかを探ることになります。

 

例え違和感や嫌な予感があったとしても、それが必ず的中するとは限りません。

 

何も明らかにならないばかりか、解決をすることも出来ないまま気分が落ち込み、疑惑がより深まるばかりで、毎日を悶々と過ごさなければならない可能性もあります。

 

そのような場合に、浮気の確証がなくても、探偵社に浮気調査を依頼することは出来るのでしょうか。

 

ここでは探偵社に調査を依頼出来るのは、どんな状態からかについて、お話していきたいと思います。

 

まず探偵社の行う浮気調査とは調査項目の括りの中では、「行動調査」という項目に分類されます。

 

ですから結論から先に申し上げますと浮気の確証がなくとも、調査を依頼することは可能です。

 

すれ違いの夫婦
何故なら行動調査では調査対象者に対して張り込みを行い、その行動を逐一観察して依頼者の知らないことも調べ上げ、一切嘘偽りなく記録することが目的だからです。

 

浮気を働いているかもしれない対象者に対するときも、同じように張り込みや尾行を実施して、行動を把握するのが業務である以上、広い意味で行動調査であると言えます。

 

ですから、浮気をしているという確証がなければ調査はしないとい制約や条件はないのです。

 

浮気の疑惑が低い段階では、まだ探偵社に頼むのは早くはないか、高い料金を払って調査してもらっても何も掴むことが出来ず、お金が無駄になってしまうのではないかと、心配になるかもしれません。

 

しかしもし本当に浮気をしていた場合は、時間が経てば経つだけ申告なリスクが生じる場合もあり、単なる火遊びであったかもしれない浮気が本気になって、完全に相手に気持ちが移ってしまいますと、やり直そうと思っている場合には、それは難しいどころか不可能にもなりかねません。

 

またどちらも既婚者である場合は、その配偶者から自分の配偶者に対して、慰謝料を請求される可能性もあります。

 

ですから少しでも疑わしければ、出来る限り目に見える情報を揃えた上で、まず探偵の無料相談を受けるところから始めて、正式な浮気調査を依頼するとよいでしょう。